HOME »  過去の開催案内  »  第46回ISF報告  »  3月26日(火)

過去の開催案内

3月26日(火)

◆セミナー◆

 

●11時~12時

 

「2013-14秋冬シューズ注目テーマと商品企画・開発のポイント」

(株)ミッツプランナー 社長 鳥居 寛之氏

-------------------------------------------------------

伊 MICAM、独 GDSなど世界の靴市場に大きな影響力を持つ国際

見本市や、欧州主要都市の靴市場を自らの足で集めたトレンド情報

をもとに、豊富なスライドで次シーズンの“注目テーマと商品企画・

開発戦略”のポイントをビジュアルで分かりやすく提案する恒例のセミナー。

 

●14時~15時

「顧客起点の商品開発~これが三越伊勢丹方式」

(株)三越伊勢丹 支店グループ統括部 部長 嶋田 正男氏 

-------------------------------------------------------

 大きな岐路に立っている百貨店流通。その中で、独自のMD戦略

を進める三越伊勢丹グループ。コンセプトは、“お客様のニーズに

より近づくPB開発”。全国に23店ある支店の靴などのMDを統括

する嶋田氏が、その考えと実践的仕組みを語り、さらに産地・浅草の

可能性についても提言する。

 

 

◆実演◆

 

●13時~13時40分  

 

「シューケアで客単価と来店頻度UP!」

北海道・(株)ウエダ靴専門店 バイヤー 木下幸成氏

-------------------------------------------------------

苫小牧市に本部を置くウエダ靴専門店は道内に7店舗を展開。

シューケア用品では全店共通および売場独自のマニュアルがあり、

販売成績は全国レベルで突出している。木下氏は商品バイヤーの

ほか、登別近くの店を管理する。いま力を入れているのは「デジフ

ィット」を使った印ソール販売と、ヌメ革用防水スプレーという。

 

●15時~16時

「シニアシューフィッターの資格取得と接客」

足と靴と健康協議会 事務局長・上級シューフィッター 木村克敏氏

-------------------------------------------------------

“シニアシューフィッター”は、一般社団法人 足と靴健康協議会(FHA)

が高齢化社会に対応するためにスタートさせた新しい資格制度。

第一回目のコースは、3月上旬に定員いっぱいの44名が参加して

行われた。接客の実演では、脚や視力にハンデが実感できる高齢者

疑似体験実習がある。自由参加。

 

 

◆ブース内実演◆

 

●3/26日~28日 11時~、14時~(各60分)

実技実習あり

「“匠が磨く”顔まで映る、超絶シューシャイン!」

コロンブス 企画部カラリスト 三橋弘明氏

-------------------------------------------------------

カラリストとはポリッシュ(磨き)にとどまらず、顧客の好みに合わせて独自の

カラーリングを行うスペシャリスト。20年間、靴販売員としてのキャリアがあり、

著名百貨店の高級靴受注会などでも活動。“靴大好き人間”の間では有名人

として活躍中。磨きたい靴を持参しての実技指導も受けられる(無料、事前予約制)

 

 

 

 

 

 

 

出展に関するご案内

  •  

 

  

 

 

 

 

 

インフォメーション

   靴とバッグの月刊専門誌
 フットウェア・プレス

毎月1日発行

 

「新 靴の商品知識」 改訂22版

 

購読のお申込はこちらから

 

The 47th ISF Movie

'NEWS answer' (TV TOKYO)